祝!論文検索Qross 2歳の誕生日!

こんにちは、論文検索Qrossダイレクターのさいとう(白)です。

本日で、論文検索Qrossは2013年3月25日のサービス提供開始から2年を迎えました。お陰さまで、現在ではたいへん多くの方にご利用いただいています。ありがとうございます。

※論文検索Qrossのサービス概要については、以前のブログエントリをご参照ください。

今回はちょうどよい機会なので、論文検索Qrossのこれまでの2年間を簡単に振り返ってみました。

論文検索Qrossバージョンアップの経緯

この2年間で、論文検索Qrossは何度もバージョンアップを繰り返し、機能を拡張してきました。過去のバージョンアップ経緯は下記の通りです。主立った拡張のみ挙げていますが、この他にも細かい改善やバグフィックスを多数リリースしています。

  • 2013年3月25日:Web版サービス提供開始(検索対象サイト:J-STAGE, CiNii, PubMed, PLOS)
  • 2013年8月18日:iOS版モバイルアプリ提供開始
  • 2013年9月13日:Android版モバイルアプリ提供開始
  • 2013年11月1日:Web版サービスへ検索対象サイト(IEEE)を追加
  • 2014年3月25日:Web版サービスへ検索対象サイト(ScienceDirect, SpringerLink)を追加

論文検索Qross職業別利用者の分布

論文検索Qrossアカウントを登録してサービスを利用中のユーザの職業別分布です。卒論の執筆にも活用いただいているせいか、学部生のユーザが最も多く、次いで会社員のユーザに多い分布となっています。もちろん、大学教員や研究職の方にも多数ご利用いただいています。

user_distribution

他にももっと興味深い統計情報がありますので、このブログでも追々ご紹介していきたいと思います。

論文検索Qrossの今後

昨年はあまり大きな拡張はできなかったのですが、今年はあらためて機能強化、利便性向上に注力したいと考えています。

  • モバイルアプリ(iOS, Android)にも検索対象サイト(ScienceDirect, SpringerLink, IEEE)を追加
  • ORCIDアカウントでログイン、データの連携
  • よく読まれている論文、ソーシャルスコア急上昇中の論文をピックアップして通知
  • 研究分野別によく検索されているキーワードの紹介、サジェスト

…などなど、まだアイデアベースのものもありますが、より多くの方に、より快適な論文検索ライフを提供するべく、サービスの拡充を図ってまいります。今後ともよろしくご愛顧のほど、お願いします。

 

qross_member

論文検索Qross開発チーム一丸となって進めていきます!

Menu Top